トピックス(2017年)

第33回全国都市緑化よこはまフェアに出展

2017年3月25日(土)から6月4日(日)まで、神奈川県横浜市にて
「第33回全国都市緑化よこはまフェア」が開催されています。
弊社は、象の鼻パークにて"みなとヨコハマおもてなしカフェ「光と水と木の草庵」"をテーマとした庭園を出展。
この庭園は、「庭園出展コンテスト」にて合計46作品の中から金賞を受賞しました。
また、グランモール公園では緑化壁を展示。
横浜動物の森公園植物公園予定地(よこはま動物園ズーラシア隣接地)では、サクラを中心に多様な樹木を納入しております。
入場料は無料です。
皆様のご来場をお待ちしております。

全国都市緑化よこはまフェア
http://yokohama-fair2017.city.yokohama.lg.jp/

■開催概要

名称(愛称): 第33回全国都市緑化よこはまフェア
開催主体: 提唱 国土交通省
主催者: 横浜市及び公益財団法人 都市緑化機構
運営主体: 第33回全国都市緑化よこはまフェア実行委員会
展示場所: ・みなとガーデン(都心臨海部会場)
グランモール公園、象の鼻パーク
・里山ガーデン(郊外部会場)
横浜動物の森公園植物公園予定地 ※弊社出展会場
開催期間: 2017(平成29)年3月25日(土)~同年6月4日(日)(72日間)

■作品概要

■庭園出展

・作品テーマ:
『"みなとヨコハマおもてなしカフェ「光と水と木の草庵」"』

一服のお茶を差し上げるためだけに用意されたもてなしの空間、茶室。
それはとても贅沢で特別なスペースです。
しっとりと潤いのある自然豊かな露地を通り、
手の平で包み込む形をモチーフにしたウッドとガラスで構成された茶室で客人をもてなす。
亭主は緑の飾り棚を背景にレンガの卓を挟んで心地よい距離感を持って来客と向き合います。
耳に響く心地よい源泉の水音、髪と頬に感じる浜の風、降り注ぐ木漏れ日の光、
その全てで客人をもてなす最高の時間と最高の空間の使い方を、新たな視点で提案しました。

『みなとヨコハマおもてなしカフェ「光と水と木の草庵」』

■緑化壁出展

・作品テーマ:
『"みなとヨコハマおもてなしカフェ"』

木による心地よさと緑による安らぎを追求したカフェのような空間を創出。
横浜市の自生種を主体とした「里壁」と彩り演出の「彩壁」を設置し、
植栽手法を中心にした展示を計画しました。
外部は、木と壁面緑化を合わせ調和を意識。
室内では、木の壁を作り柔らかな印象に。
壁面緑化や観葉植物、ファニチャーを配することで、カフェのイメージを演出しています。

『みなとヨコハマおもてなしカフェ』