歴史・沿革

住友林業緑化は、全国に広がるネットワークで、高品質な緑化サービスを提供しています。
緑化に関することなら何でもお気軽にご相談下さい。

1691年 (元禄4年)
住友林業の創業。住友家の別子銅山開抗により銅山備林経営を開始。
1909年 (明治42年)
住友総本店設立により、住友家の山林事業は同店に継承。
1937年 (昭和12年)
株式会社住友本社の設立。山林経営は同社が継承。
1948年 (昭和23年)
財閥解体で住友の林業部門は6社に分割。 その後2回の合併を経て、
東邦農林、四国林業の2社となる。
1955年 (昭和30年)
東邦農林、四国林業が合併、住友林業株式会社となる。
全国的な国内材集荷販売体制を確立。
1972年 (昭和47年)
長年の森林づくりのノウハウを 都市の緑化に役立てるために、緑化部を設立。
1975年 (昭和50年)
スミリン住宅販売(株)を設立
[現・住友林業(株)住宅事業本部]、本格注文住宅建築へ事業拡大。
1977年 (昭和52年)
住友林業は、緑化部門の受注・施工業務の充実強化をはかるために、
「スミリン緑化株式会社」(資本金3,000万円)を設立。
1982年 (昭和57年)
住友林業より緑化部門の営業を譲受し、緑化事業全般を担当。
資本金を9,000万円に増資。
1984年 (昭和59年)
設計・施工・樹木の生産販売等、 緑化事業全般の一層の充実をはかるため、
「住友林業緑化株式会社」に社名変更。資本金を一億円に増資。
1991年 (平成3年)
資本金を2億円に増資。
1993年 (平成5年)
エクステリア工事の品質向上のため、直営施工会社として
(株)スミリンエクステリアを設立。
2001年 (平成13年)
個人邸宅の庭の手入れを愛・グリーン事業として開始。
2002年 (平成14年)
ISO14001を住友林業(株)の拡大審査により認証取得(登録範囲:全部門)
ISO9001:2000を認証取得(登録範囲:環境緑化本部)
二級建築士事務所を開設(東京・大阪)
2007年 (平成19年)
建築士事務所登録を一級建築士事務所に変更(東京のみ)
2010年 (平成22年)
本社を現在地(東京都中野区中央)に移転
2012年 (平成24年)
生物多様性に配慮した緑化植物提案手法"ハーモニックプランツ"が
グッドデザイン賞を受賞。